気が付かないうちに愛犬に嫌な思いをさせているかもしれません

shutterstock_64025335

警察犬や災害救助犬などを見ればわかる通り、犬は素晴らしい感覚器官を備えています。
中でも嗅覚は人の100万から1億倍とも言われています。

犬はにおいを強く感じるわけではない

shutterstock_70494172

「嗅覚が鋭い」と聞くと少しのにおいでもわかるのかな?と思われる方も多いです。
しかし犬の場合はより嗅ぎ分ける能力に優れています。
人が色を識別できるように、犬は個々のにおいの違いがわかると言われています。

複数のにおいが混じりあっていても目的のにおいだけを追うことができるので、がれきの下に埋まってしまった人や容疑者のにおいを追いかけることができます。

なぜそんなに鼻が良いのか、秘密は鼻の中

shutterstock_360721928

犬の鼻は鼻粘膜と呼ばれるひだが多く、面積が広いという特徴があります。
面積が広いと言うことはそれだけたくさんのにおいをキャッチできると言うことです。
またにおいの分子を集め、脳に送る嗅細胞が多く、しかも感度が人間の何倍も良いです。

なぜ犬の嗅覚が発達したのかと言うと犬は昔、捕食動物でした。
獲物を追う時に、群れで追い、1匹に狙いを定めます。
その時、相手の区別がつかないと困ります。
また仲間であるかどうかをにおいで確認していたとも言われています。

犬はにおいを長時間記憶できる

shutterstock_408355771

私たち人間は同じにおいを感じているとやがて鼻がマヒして感じなくなってしまいます。
周囲の人がキツイと感じるほど香水をつけているのに気が付かないのは、そのにおいに鼻がマヒしてしまっているからです。

もちろん犬も長時間同じにおいを嗅いでいるとわからなくなります。
しかし人間よりもずっとマヒするまでに時間がかかります。

嗅覚が鋭いからこそ、嫌いなにおいもある

shutterstock_132410726

犬が苦手な臭いですぐ思いつくのが柑橘系のにおいです。
無駄吠えしないようにしつけるために使ったりしますので有名です。
香水など人工的なにおいも苦手です。

また煙草にも注意が必要です。
煙草が体に悪いのは人間も犬も同じですが、犬はとても嗅覚が鋭いのでアレルギー性の鼻炎になってしまうこともあります。
煙草を吸う時は、愛犬から離れた場所で吸いましょう。
愛犬家の方は犬の嗅覚が鋭いことを意識して、愛犬が不快な思いをしないように注意しましょう。

ドッグフードランキングはこちら